Articles Comments

Finance GreenWatch » 4.市場・運用

バチカン主催「環境サミット」 気候変動への対処は「人間性への道徳的・宗教的義務」と声明。「環境金融」の重要性にも言及(FGW)

バチカン主催「環境サミット」 気候変動への対処は「人間性への道徳的・宗教的義務」と声明。「環境金融」の重要性にも言及(FGW)

カトリックの総本山であるバチカンが主催し、世界のリーダーを集めて開いた「バチカン・環境サミット」は、地球温暖化による気候変動に対処する断固たる行動をとることは、人間性への道徳的・宗教的義務であるとする声明をまとめた。 … Read entire article »

Filed under: 12.その他, 4.市場・運用, 8.温暖化・気候変動

グリーンボンド発行 今年第一四半期72億㌦。多通貨分散と低格付け債発行で市場確実に拡大へ(CBI)

グリーンボンド発行 今年第一四半期72億㌦。多通貨分散と低格付け債発行で市場確実に拡大へ(CBI)

2015年1-3月期は44のグリーンボンド、額にして72億ドルのグリーンボンドが発行された。1月の控えめな立ち上がりから毎月発行額が増加。3月の発行額は1月の3倍に上った(Climate Bonds Initiative)。 … Read entire article »

Filed under: 4.市場・運用, 8.温暖化・気候変動

住友生命 対話(エンゲージメント)型投資ファンドに30億円出資 スチュワードシップコードに基づく「物言う株主」行動展開へ(FGW)

住友生命 対話(エンゲージメント)型投資ファンドに30億円出資 スチュワードシップコードに基づく「物言う株主」行動展開へ(FGW)

住友生命保険は金融庁の「日本版スチュワードシップ・コード」に基づく投資先企業との対話促進のため、「対話型ファンド」のみさき投資(本社東京)が運用する「みさきエンゲージメントファンド」へ30億円の投資を決めた。 … Read entire article »

Filed under: 12.その他, 2. 保険, 4.市場・運用

「R&Iファンド大賞2015」で、日興エコファンドがSRI部門の最優秀ファンドに選出。5年連続トップの「あすのはね」は王座明け渡し(FGW)

「R&Iファンド大賞2015」で、日興エコファンドがSRI部門の最優秀ファンドに選出。5年連続トップの「あすのはね」は王座明け渡し(FGW)

格付け投資情報センター(R&I)が、毎年、優れた運用成績を示したファンドを表彰する「R&Iファンド大賞2015」の受賞ファンドを公表した。そのうち、社会的責任投資(SRI)部門では、日興アセットマネジメントの「日興エコファンド」が最優秀ファンドとなった。 … Read entire article »

Filed under: 11.CSR, 4.市場・運用

大和証券が男性社員に”追い出し部屋”強要。「組織的嫌がらせで退職迫った」。大阪地裁が認定、賠償命令(各紙)

大和証券が男性社員に”追い出し部屋”強要。「組織的嫌がらせで退職迫った」。大阪地裁が認定、賠償命令(各紙)

各紙の報道によると、大和証券からグループ会社に出向、転籍した男性社員(42)が、一人だけの部屋での勤務など、いわゆる「追い出し部屋」などの嫌がらせで退職を迫られたとして、大和証券などを訴えていた訴訟で、大阪地裁(中島崇裁判官)は24日、原告の主張を認め、「退職に追い込むための嫌がらせが組織的かつ長期にわたり行われた」とし、計150万円の賠償を命じた。 … Read entire article »

Filed under: 11.CSR, 12.その他, 4.市場・運用

GPIF運用委員長の米澤康博早稲田大教授 環境・社会配慮の資産運用に慎重姿勢を表明(FGW)

GPIF運用委員長の米澤康博早稲田大教授 環境・社会配慮の資産運用に慎重姿勢を表明(FGW)

公的年金の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用委員長を務める米澤康博早稲田大学教授は、都内で開いた会議に出席、GPIFの資産運用において、環境・社会面にも配慮した投資判断を行うかどうかについて「収益を犠牲にすることになるので、年金加入者の理解を得られるかという問題がある」と慎重な姿勢を示した。 … Read entire article »

Filed under: 4.市場・運用