Articles Comments

Finance GreenWatch » 12.その他 » GE イメルト会長兼CEO来日。GEは福島原発の製造物責任を明確に否定(FGW)

GE イメルト会長兼CEO来日。GEは福島原発の製造物責任を明確に否定(FGW)

東京電力の福島第一原子力発電所の原子炉の製造元である米GEのイメルト会長兼CEOが来日した。GEは、事故を起こし、現在も修復のメドが立っていない福島第一の原子炉製造の責任については、明確に否定している。GEは自らのウェブサイトで、原子炉の製造物責任について、「他の大半の国々と同様に、日本は法律に基づいて、(原子炉が)第三者にダメージを与えた場合の責任は、政府と運用業者にあり、運用業者はその責任のために保険に入る、と定めている。(機器の)サプライヤーは法律では責任を負わない」と明記している。

(Japan, like most countries with nuclear power, has a channeling law under which the operator and government are liable for damage to third parties and the operator carries insurance. Suppliers bear no liability under the law”.)。http://www.gereports.com/facts-on-the-nuclear-energy-situation-in-japan/

来日したイメルト会長は、東電の勝俣恒久会長や、海江田万里経済産業相ら、提携先の日立製作所、東芝などの幹部とも会談する予定。

Filed under: 12.その他