Articles Comments

Finance GreenWatch » Archive

配当は「讃岐うどん」 香川県高松市の市民ファンド型太陽光発電所スタート(FGW)

配当は「讃岐うどん」 香川県高松市の市民ファンド型太陽光発電所スタート(FGW)

香川県高松市で市民ファンド形式の太陽光発電事業を計画する「うさんこやま電力合同会社」(高松市、代表社員・伊藤伸一)が、全国から太陽光発電所事業の資金(志金)の募集を開始した。   … Read entire article »

Filed under: 10.電力・エネルギー, 7.金融NPO

東電福島第一原発 汚染水処理の第一次作業完了宣言。18万トンは再処理必要。タンクの解体作業も始まる(各紙)

東電福島第一原発 汚染水処理の第一次作業完了宣言。18万トンは再処理必要。タンクの解体作業も始まる(各紙)

東京電力は27日、福島第1原発事故で発生しつけている放射能汚染水について、放射性物質濃度を100~1000分の1以下に減らす第一次処理を完了したと発表した。 … Read entire article »

Filed under: 13 原発

インドネシア・バタン石炭火力計画で 環境4団体が国際協力銀行に環境・社会調査の不備を問う公開質問状送付(FOE)

インドネシア・バタン石炭火力計画で 環境4団体が国際協力銀行に環境・社会調査の不備を問う公開質問状送付(FOE)

電源開発(J-Power)、伊藤忠が出資を決め、国際協力銀行(JBIC)、民間銀行団が巨額の融資を検討中の「インドネシア・中ジャワ州バタン石炭火力発電事業」について、5月18日からJBICが環境社会面に関する現地実査を行なったようです。 … Read entire article »

Filed under: 10.電力・エネルギー, 12.その他, 9.中国&アジア

政府の特措法で海外派遣の自衛隊員、合計54人が自殺していた。防衛省が認める(各紙)

政府の特措法で海外派遣の自衛隊員、合計54人が自殺していた。防衛省が認める(各紙)

各紙の報道によると、防衛省は27日の衆院平和安全法制特別委員会で、政府の特別措置法に基づいてこれまでインド洋やイラクに派遣された自衛官のうち、54人が自殺していたことを明らかにした。 … Read entire article »

Filed under: 12.その他

ツバメの巣にセシウム蓄積、東電福島原発事故の影響、東京含む13都県から。最高9万ベクレル(東京)

ツバメの巣にセシウム蓄積、東電福島原発事故の影響、東京含む13都県から。最高9万ベクレル(東京)

東京電力福島第一原発事故後の二〇一一年十一月から翌年三月までに採取した十三都県のツバメの巣から放射性物質が検出されたことが、山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)の調査で分かった。ツバメの繁殖行動に変化がないかなど調べる。  … Read entire article »

Filed under: 13 原発

東電福島第一原発ガレキ処理によるセシウム飛散疑念問題、農水省が「汚染源不明」の報告。作業ミスを隠蔽か(FGW)

東電福島第一原発ガレキ処理によるセシウム飛散疑念問題、農水省が「汚染源不明」の報告。作業ミスを隠蔽か(FGW)

農水省は、東京電力福島第一原発3号機のガレキ撤去作業によって、原発サイトから約20km離れた南相馬市原町区で栽培したコメが汚染された可能性が起きた問題で、「汚染源を特定できなかった」とする”不明朗な”報告をまとめた。 … Read entire article »

Filed under: 13 原発