Articles Comments

Finance GreenWatch » Archive

ヒラメへの放射性物質移行 海底土より海水影響 福島県漁協組合長会議で調査結果提示(福島民報)

ヒラメへの放射性物質移行 海底土より海水影響 福島県漁協組合長会議で調査結果提示(福島民報)

福島県漁協組合長会議は25日、いわき市で開かれ、ヒラメに含まれる放射性物質は海底土よりも海水から移行しているとみられる調査結果が示された。 … Read entire article »

Filed under: 13 原発

福島第一原発タンク保管の汚染水16万3000トン再浄化へ、セシウムなど以外の放射性物質が未処理のまま(福島民友)

福島第一原発タンク保管の汚染水16万3000トン再浄化へ、セシウムなど以外の放射性物質が未処理のまま(福島民友)

東京電力福島第1原発の地上タンクに保管している全約60万トンの高濃度汚染水の放射性物質を極力減らす浄化処理計画で、全体のうち、27%に当たる約16万3000トンで再浄化が必要な見通しとなった。 … Read entire article »

Filed under: 13 原発

「イスラム国」事件報告書めぐり、菅義偉官房長官が責任転嫁の大ウソで後藤さんの妻が反論!(LITERA)

「イスラム国」事件報告書めぐり、菅義偉官房長官が責任転嫁の大ウソで後藤さんの妻が反論!(LITERA)

「イスラム国」による人質殺害事件で、政府対応を検証する「邦人殺害テロ事件の対応に関する検証委員会」の報告書が5月21日に公表された。その内容は予想通り「(政府の対応には)誤りがあったとはいえない」と政府を全面擁護するお手盛り報告書で、一部では批判が噴出している。 … Read entire article »

Filed under: 12.その他

ゴールドマンサックス証券、国内市場で再生エネ事業対象のプロジェクトボンド販売へ 1200億円規模目指す(各紙)

ゴールドマンサックス証券、国内市場で再生エネ事業対象のプロジェクトボンド販売へ 1200億円規模目指す(各紙)

各紙の報道によると、ゴールドマン・サックス証券は国内再生可能エネルギー事業から得られる収益を裏付けにしたプロジェクトボンドを組成し、国内の機関投資家向けに販売するという。 … Read entire article »

Filed under: 10.電力・エネルギー, 4.市場・運用

国際原子力機関(IAEA) 東電福島事故で、日本政府・東電の認識の甘さ批判。「大津波の危険対策怠る」「安全対策強化の勧告も無視」(東京)

国際原子力機関(IAEA) 東電福島事故で、日本政府・東電の認識の甘さ批判。「大津波の危険対策怠る」「安全対策強化の勧告も無視」(東京)

【ウィーン=共同】「勧告した安全評価を十分実施しなかった」「国際的な慣行に従わなかった」。国際原子力機関(IAEA)がまとめた東京電力福島第一原発事故の最終報告書は、東電や規制当局の認識の甘さを痛烈に批判している。 … Read entire article »

Filed under: 13 原発

福島原発事故の「被ばく牛」 牛を生かして調査継続中。現在550頭。被爆影響を実地で調査(河北新報)

福島原発事故の「被ばく牛」 牛を生かして調査継続中。現在550頭。被爆影響を実地で調査(河北新報)

東京電力福島第1原発事故に伴い避難区域に指定されている福島県浪江、大熊両町で、岩手大と北里大、東北大などの研究チームが牛の被ばく調査を進めている。 … Read entire article »

Filed under: 13 原発